• KUMA AZU ART FACTORY

第3回うめだ阪急個展

昨年末、親しい友人から「ブログはいつ更新するんだ」と叱責を受け

「そりゃあ年末年始の挨拶ぐらいはするとも」と受け流したものの

気がつけばあっという間にもう8月。


筆不精なんて言葉を絵描きが使っては怒られますが、

絵筆とは異なり、キーボードはどうも心が弾まないのが、

主たる原因でございます。


言い訳から始まりましたブログの再開ですが、

先日開催された「第3回うめだ阪急個展」のご報告をひとつ。


猛烈な暑さとコロナの脅威の中、不安とともに開催された展覧会でしたが、

スタッフの皆様の万全な対策と、お越し頂いた皆様ひとりひとりのご協力によって、

無事盛況のもと会期を終えることが出来ました。

本当にありがとうございました。


「雰囲気や色使いが明るくなった」

「ヨーロッパの美術館にいるような空気を味わえた」

「世間は暗い話題でいっぱいだけど、少し癒されました」

などお褒めの言葉を頂き、絵を描いていて本当に良かったと改めて思いました。


恒例となってしまったミニ色紙の水彩画ですが

毎回地下の食品売り場でモチーフを調達し、画廊で描いています。

アトリエで描くのとは違って独特の緊張感がありますが、

見知らぬ人とお喋りしながら絵を描くはとても楽しいものです。

時間もあっという間に過ぎるし、プレゼントにもなるし、堂々と座っていられるし、

何より水彩画のトレーニングにもなる。

一石で三鳥も四鳥も獲れるのでやめられません。

肩がガチガチに凝るのが玉にキズですが。


前もこんな話しましたっけ?

久しぶりの更新で忘れてしまいました。


次回更新は、そうだなあ、涼しくなったら考えます。


義和