• KUMA AZU ART FACTORY

タリーズのストーブ

2年振りとなる小倉井筒屋での個展は、コロナ禍という強烈な逆風の中で

ひっそりと、粛々と、息を殺して…そんなお通夜のような展覧会になるかと思われましたが

多くの方にご来場頂き、ディスタンスをとりつつも、温かい応援の言葉を頂きました。

本当にありがとうございました。


小倉にはテレビでも紹介されるサンドイッチ店や、スイーツの有名なパン屋、

ラーメン、うどん、天ぷら等々、行列ができるほどの人気店が沢山あります。

けれども私は、そういった人の賑う所はどうも苦手で、

一人でゆったりまったりと過ごしたい質です。

密を避けようという昨今の風潮は、実は少し過ごし易かったりもします。

マスクにはうんざりですが。


井筒屋横のタリーズコーヒーには、昔ながらの灯油ストーブがあって、

朝、そこから一番近い席を陣取り、ゆったりまったりブラックを啜るのが、

個展中の最高の愉しみでした。


週明けに日本列島を襲った大寒波。

海から近い小倉の街でも、頬(マスク?)を刺すような凍える風が、

人と人とのディスタンスを切り裂きながら、街中を吹き荒れました。

バスを降りた私は固く身を屈めて、足早に、真っしぐらに

タリーズの灯油ストーブを目指すのでした。


「申し訳ございません、灯油を発注し忘れてしまって。」


その朝だけは、ミルクと砂糖をどっさり入れて

火の無いストーブを恨めしそうに眺めながら

できるだけ入口から遠い席で、甘ったるいコーヒーを流し込みました。



  • Facebook
  • Instagram

画家 | 伊熊義和と伊熊梓のウェブサイト

《 KUMA AZU ART FACTORY 》

​kumaazuart@gmail.com

©Yoshikazu Iguma & Azusa Iguma