子供の頃は漫画に夢中でイラストばかり描いていました

漫画「ギャラリーフェイク」との出会いから

芸術に興味を持ち、美術館に足を運ぶようになりました

将来自分が画家になるとは夢にも思わず…

 

気がつけば足の先から頭のてっぺんまで

絵画にどっぷりと浸かっていたわけですが

この世界はどこまでも深遠で

潜っても潜ってもまだ底は見えてきません

 

ダヴィンチやミケランジェロなど

憧れの先人達が遺してくれた道標を頼りに

息の続く限り潜り続けようと思います

いつか私も後世の道標となる作品を描きたい

そう心に念じて絵筆をとる毎日です

幼い頃は児童画教室で水彩画を描くために

お小遣いを握りしめて近所の駄菓子屋さんに

八つ切り画用紙を買いに行っていました

美術好きの両親の影響もあり

休日は良く美術館に足を運んでいました

 

十九歳の頃から本格的に油彩画を学び

現在も生まれ育った関西に拠点をおいて

絵画制作を行っています

 

日常の中にあるさりげない美しさや

何気ない出会いにふと心を奪われる瞬間を

描けたらと、作品と向かいあう毎日です

 

これからも多くの人に小さな幸せを

届けられる作品を描いていきたいと思っています

  • Facebook
  • Instagram

画家 | 伊熊義和と伊熊梓のウェブサイト

《 KUMA AZU ART FACTORY 》

​kumaazuart@gmail.com

©Yoshikazu Iguma & Azusa Iguma