子供の頃は大好きな漫画の模写ばかりしていました

大学時代に絵画に興味を持ちはじめ、

美術館に足を運ぶようになりました

社会人になっても美術への関心は増すばかり

毎週土日に通う絵画教室では飽き足らず

いつしか「プロの画家になりたい」と

夢を抱くようになりました

現在は憧れだった画家となることができましたが

今なお夢は膨らみ続け、それを追いかける毎日です

僕の描いた作品が、見ず知らずの人の家に飾られて

その人を取り巻く世界にほんの少しの彩りを与える

そんな妄想をするとワクワクして絵筆が踊ります

​楽しくて優しくて美しい絵、それが僕の目標です

幼い頃は児童画教室で水彩画を描くために

お小遣いを握りしめて近所の駄菓子屋さんに

八つ切り画用紙を買いに行っていました

美術好きの両親の影響もあり

休日は良く美術館に足を運んでいました

 

一方でかわいいもの、色鮮やかなものが

大好きで、そんなものを見つけては

いつも手元に置いて楽しむクセがありました

​彼らは愛すべきモチーフたちになりました

 

私の作品を見た人が笑顔になって、

隣で見ている人と会話が生まれて、

ちょっとだけ幸せな1日になる

そんな絵を描きたいと思っています